field.jpg

「フィールド」

[field/原っぱ・領域] その風景のあらゆる音の交わりの先にある無音。 届かないものの感触を探る。

自然物を使う行為は、昔から多くあります。
例えば、河原の石を積み上げて願い、または弔う。
きれいな花を摘んで飾り、木を削ってお椀にしたり、採って食べることや、死んだ者を埋めて領域を作ること。
それらもただ風景になって、混ざり合ってゆく。